働くだけじゃない!コワーキングスペースの活用方法

そもそもコワーキングスペースとは

気になる事業をしている人

大勢で仕事をする環境を共有し、使う場所をコワーキングスペースと呼んでいます。
Wi-Fiが使えますし、中にはフリードリンクというシステムのコワーキングスペースもあり、仕事を集中して進めやすいです。
従来は個人事業主やフリーランスが働く場所と認識されていましたが、今はテレワークが進んでいることが理由で、会社員も使っている様子が見られます。
自分とは全く関係ない事業の人が使っており、情報収集や意見交換をする時に便利です。
気になる事業を行っている人がいたら、積極的に話しかけましょう。

最近はコワーキングスペースを利用して、セミナーを開催する人が増えています。
コワーキングスペースに備わっているイベントルームを利用し、自分の持っている知識を周囲に分けてあげましょう。
仕事以外では懇親会やパーティーを開きたい時に、コワーキングスペースのイベントルームを使うことが可能です。
カフェが併設されているコワーキングスペースならドリンクやお酒を提供でき、楽しい時間を過ごせると思います。

キッチンの設備が整っているコワーキングスペースなら、試食会ができます。
食品を扱っている会社や飲食店は、新メニュー開発のためにみんなで集まって研究してください。
ずっと同じメニューばかり提供していたら、お客さんに飽きられてしまうかもしれません。
季節限定のメニューを作り、お客さんにアピールしてください。
いろんな人に食べてもらって感想を聞くと、改善点を把握できます。

TOPへ戻る