そもそもコワーキングスペースとは

個人事業主におすすめ

普通の会社員も利用できる

フリーランスや個人事業を始める人が、会社代わりにコワーキングスペースを使っています。
コワーキングスペースは住所や電話番号を利用できますし、備わっている家電も自由に使えるところが多いです。
賃貸オフィスを借りて起業するよりも費用を削減できる面から、人気が高まっています。

今は会社員も、テレワークをする時にコワーキングスペースを使う様子が見られます。
自宅では集中できなかったり、コピー機やWi-Fiなど必要な設備が整っていなかったりするかもしれません。
コワーキングスペースなら自分のオフィスのように使えるので、作業効率が良くなります。
これまで遠慮していた会社員の人も、思い切って使ってみましょう。
実際に利用することでコワーキングスペースの便利さがわかります。

意見交換をしよう

自分以外にも、様々な人がコワーキングスペースを使っています。
アイデアに詰まっている時は、他の業種の人から意見を聞きましょう。
異業種の人の話を聞くと参考にできるかもしれません。
仕事の合間にいろんな人の話を聞くことが、ストレス解消や気分転換に繋がります。
ずっと働き続けていると疲れが溜まるので、うまく休憩を挟んでください。

このようにコワーキングスペースは、ただ作業を進める場所ではありません。
交流の場を広げられる場所で、交流を目的に使う人も多いです。
知らない人に話しかける時は、丁寧な言葉遣いと態度を意識しましょう。
相手が見るからに年下でも、敬語を使って話すのがマナーです。
言葉遣いや態度が悪いと第一印象が悪くなり、距離を置かれてしまいます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る